選手 移籍

湘南ベルマーレからJ1最長身FW指宿洋史を完全移籍で獲得 「本来のFWとしての役割と責任を全うし勝利に貢献いたします」

この加入は意外でしたね。湘南ベルマーレFW指宿洋史の完全移籍での獲得が発表になりました。ようこそ清水へ!

Embed from Getty Images
指宿 洋史選手(湘南ベルマーレ) 完全移籍にて加入決定のお知らせ(清水公式)
https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/46390

このたび、湘南ベルマーレの指宿洋史選手が完全移籍にて加入することが決定しましたので、お知らせいたします。

指宿 洋史 (Hiroshi IBUSUKI) FW

【 出身地 】
千葉県

【 生年月日 】
1991年2月27日

【身長/体重】
195cm/85kg

【 利き足 】

【 選手歴 】
柏レイソルU-12 - 柏レイソルジュニアユース - 柏レイソルユース - ジローナFC(2009/スペイン) - レアル・サラゴサB(2009.10月※期限付き/スペイン)- CEサバデル(2010.8月※期限付き/スペイン) - セビージャ・アトレティコ(2011)- KASオイペン(2012.8月※期限付き/ベルギー)- バレンシアCF・メスタージャ(2013/スペイン) - アルビレックス新潟(2017.7月) - ジェフユナイテッド千葉(2017.3月) - 湘南ベルマーレ(2019)

【代表・選抜歴】
U-16・17・20・22・23日本代表

【2020成績】
J1リーグ(20試合/2得点)、リーグカップ(1試合/0得点)

【 通算成績 】
J1リーグ(101試合/15得点)、J2リーグ(61試合/12得点)、リーグカップ(13試合/6得点)、天皇杯(5試合/2得点)、スペイン1部リーグ(1試合/0得点)、スペイン2部リーグ(6試合/0得点)、 スペイン3部リーグ(100試合/37得点)、スペイン4部リーグ(27試合/12得点)、 ベルギー2部リーグ(26試合/10得点) ※主要リーグ

【 コメント 】
『このたび、清水エスパルスへ加入することになりました、指宿洋史です。歴史あるクラブ、そしてロティーナ監督の下でプレーできることは大変有り難く、誇りに思います。本来のFWとしての役割と責任を全うし、勝利に貢献いたします』

指宿は195センチの超大型FW。(昨シーズンのプロフィールでは196センチ)

柏レイソルの下部組織からスペインに渡り、ジローナサラゴササバテルなどスペインの下部のクラブを経て、セビージャのBチームに移籍。Bチーム所属の状態でトップチームの試合にも1試合出場しています。

その後、ベルギーのオイペンに期限付き移籍したあと、バレンシアのBチームへ加入。

ヨーロッパでは5シーズン程度過ごしましたが、どこでもレギュラーとして活躍し、ゴールもほぼ毎シーズン2桁をマーク。将来的に日本代表にも入るのではと非常に期待された選手でした。

 

Jリーグには2014シーズンにアルビレックス新潟に加入。その後、2017シーズンにはジェフユナイテッド千葉、2019シーズンには湘南ベルマーレへ移籍しています。

残念ながらJリーグ移籍後には数字上は目立った活躍は見せていませんが(とはいえ、2015シーズンには新潟時代に清水戦でゴールを決めています)、195センチの身長はJ1のGKを除く選手の中では最長身の選手。ちなみに2020シーズンのJ1得点王になった柏レイソルFWマイケル・オルンガは193センチです。

 

得意なのは足元のプレーだそうですが、そうは言ってもやはり190センチオーバーの高さは魅力です。

清水は昨シーズン、セットプレーでゴールを量産しましたので、MF西澤健太のフリーキックを頭で合わせる、もしくは落とすようなプレーができれば得点増加も見込めます。

またパワープレー要員としてもこういう選手が前線にいるだけでも相手チームは嫌なはず。前線に高身長の選手がいなかった清水の新たな武器になるかもしれません。

 

また、スペインで過ごしてきただけにスペイン語が堪能なのもプラス。

スペイン出身のミゲル・アンヘル・ロティーナ監督の元、戦術理解も早いでしょうし、チーム内で通訳さながら活躍してくれれば他の選手にとっても頼もしい存在になります。

コメントにある通り、FWとしても結果を出す意気込み。スペイン時代にはゴールという結果を残し続けてきただけに、スペイン人監督のもとでもう一花咲かせられるか注目したいと思います!

-選手, 移籍
-

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ