選手 移籍

移籍金1億円? FWティーラシン・デーンダーがタイ・リーグ1首位のBGパトゥム・ユナイテッドへ完全移籍 「この1年は自分のサッカー人生にとって素晴らしい時間でした」

今シーズン、清水に加入していたタイ代表FWティーラシン・デーンダーがタイ・リーグ1のBGパトゥム・ユナイテッドへ完全移籍することになりました。

 
Embed from Getty Images
 

ティーラシン デーンダー選手  BGパトゥム・ユナイテッド(タイ)へ完全移籍決定のお知らせ(清水公式)
https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/46336

このたび、ティーラシン デーンダー選手がBGパトゥム・ユナイテッド(タイ)へ完全移籍することが決定しましたので、お知らせいたします。

ティーラシン デーンダー (Teerasil Dangda) FW 23

【 出 身 地 】
タイ

【 生年月日 】
1988年6月6日

【身長/体重】
182cm/77kg

【 選 手 歴 】
ロイヤル・タイ・エアフォース(タイ/2005) - ラパチャFC(タイ/2006) - ムアントン・ユナイテッドFC(タイ/2007) - マンチェスター・シティFC(イングランド/2008) - グラスホッパー・クラブ・チューリッヒ(スイス/2008) - ラパチャFC(タイ/2008) - ムアントン・ユナイテッドFC(タイ/2009-2014) - UDアルメリア(スペイン/2014-2015) - ムアントン・ユナイテッドFC(タイ/2015-2017) - サンフレッチェ広島(2018) - ムアントン・ユナイテッドFC(タイ/2019) ー 清水エスパルス(2020)

【代表歴】
U-23タイ代表、タイ代表

【今季成績】
J1リーグ(24試合/3得点)、リーグカップ(1試合/0得点)

【通算成績】
J1リーグ(56試合/9得点)、リーグカップ(6試合/1得点)、天皇杯(0試合/0得点) 、タイ1部リーグ(247試合/117得点)、スペイン1部リーグ(6試合/0得点)

【コメント】
『この1年は自分のサッカー人生にとって素晴らしい時間でした。コロナの影響もあり、またチームの結果も良いものではなかったですが、いつもサポートしてくれたパートナー、サポーター、そしてタイから応援してくれた皆さんには心から感謝しています。来年はみんなでチームをもっと成長させて、皆さんがいつも笑顔でスタジアムから帰ってくれることを願っています。これからもずっとエスパルスを応援しています!』

 

タイの英雄として、そして2度目のJリーグ挑戦ということで注目を集めたティーラシン。

リーグ開幕戦では先発出場し、清水にとって今シーズンのファーストゴールを決めるなど活躍が期待されましたが、シーズンを通じた出場は24試合。先発は6試合に留まり、ゴールは3という結果でした。

数字だけを見ると期待通りの活躍とは言えませんでしたが、そもそもチームが推し進めていたスタイルには合わないプレースタイルの選手であったことから気の毒な面も。

3ゴールにはティーラシンの得意とする前線で受けてからのシュートというプレーは詰まっていましたが、そもそも前線になかなかボールが収まらない中、結果だけを求めるのは無理があったと思います。

 

移籍するパトゥムは2018シーズンまでバンコク・グラスFCというチーム名でしたが2019シーズンにチーム名を改名。

また、2019シーズンは2部を戦いましたが、1部に昇格した今シーズン、現時点で16試合を終えて14勝2分で首位を独走中です。

ちなみに2020シーズンのタイリーグは2月から10月に行われる予定でしたが、コロナウイルスの影響でリーグ戦の中断があったため、2021年4月まで行われます。

1部に復帰した今シーズンには積極的に補強を行い、昨シーズン、大分トリニータでプレーしたタイ代表MFティティパンや元セレッソ大阪ボルシア・ドルトムントでもプレーをしていたMF丸岡満などを補強しています。

ティーラシンの移籍の噂は秋ごろからありましたが、当時の話ですと約8000万円から1億円程度の移籍金が発生する模様。大きな置き土産を清水に残してくれることになります。

家族のいる母国に戻り、首位チームで活躍するティーラシンのニュースを期待したいと思います。

-選手, 移籍
-

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ