選手 移籍

ユース卒の同級生 FW平墳迅がJ3藤枝MYFCに、MF滝裕太がJ3カターレ富山に育成型期限付き移籍 この夏4人の若手選手が武者修行に

FW平墳迅J3藤枝MYFCに期限付き移籍することが発表されました。この夏3人目の期限付き移籍です。

平墳 迅選手 藤枝MYFCへ育成型期限付き移籍決定のお知らせ(清水公式)
https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/45164/

このたび、平墳迅選手が、藤枝MYFCへ育成型期限付き移籍することが決定しましたので、お知らせいたします。尚、契約期間は2020年8月23日~2021年1月31日までです。

平墳 迅(Jin HIRATSUKA) FW 19

【 出 身 地 】
岐阜県

【 生年月日 】
1999年5月19日

【身長/体重】
180cm/77kg

【 選 手 歴 】
JUVEN FC 898(大垣市立静里小学校)
- SC岐阜VAMOS(大垣市立西部中学校) - 清水エスパルスユース(静岡サレジオ高校)
- 清水エスパルス(2018)

【代表・選抜歴】
岐阜県国体選抜U-16、静岡県ユース選抜、U-18Jリーグ選抜、U-18日本代表

【今季成績】
J1リーグ(0試合/0得点)、ルヴァンカップ(2試合/0得点)

【通算成績】
J1リーグ(0試合/0得点)、ルヴァンカップ(3試合/0得点)、天皇杯(0試合/0得点)

【コメント】
『自分自身のために藤枝MYFCに移籍することを決めました。試合で活躍する選手になれるように全力で戦ってきます。これからも応援よろしくお願いします』

平墳は2018シーズンに清水ユースから昇格し、今シーズンで3シーズン目。

2017シーズンのユース時代(高校3年生)に強化指定選手としてトップチームに登録され、YBCルヴァンカップに1試合出場。

強いフィジカルと左足の強烈なシュートが特徴の選手。伸び盛りの選手として注目されましたが、プロ入り後は1,2年目ともに試合出場はありませんでした。

今シーズンになってYBCルヴァンカップで2試合ほど途中出場をしていますが、合わせても10分程度の出場で、なかなか厳しい状況が続いていました。

 

また、同じくユースから昇格して3シーズン目のMF滝裕太J3カターレ富山に期限付き移籍することが発表されました。

滝 裕太選手 カターレ富山へ育成型期限付き移籍決定のお知らせ(清水公式)
https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/45168/

このたび、滝裕太選手が、カターレ富山へ育成型期限付き移籍することが決定しましたので、お知らせいたします。尚、契約期間は2020年8月24日~2021年1月31日までです。

滝 裕太 (Yuta TAKI) MF 26

【 出 身 地 】
静岡県三島市

【 生年月日 】
1999年8月29日

【身長/体重】
168cm/64kg

【 選 手 歴 】
FCアスルクラロ沼津(三島市立長伏小学校)- 清水エスパルスジュニアユース(三島市立中郷西中学校)
- 清水エスパルスユース(静岡県立清水西高校)- 清水エスパルス(2018)

【代表・選抜歴】
U-15・U-16日本代表候補、U-19・20日本代表

【今季成績】
J1リーグ(0試合/0得点)、ルヴァンカップ(2試合/0得点)

【通算成績】
J1リーグ(12試合/2得点)、ルヴァンカップ(13試合/2得点)、天皇杯(2試合/0得点)

【コメント】
『カターレ富山に移籍することになりました。小さい頃から育ててもらったエスパルスを離れるのは寂しいですが、エスパルスで学んだものを最大限に活かして大きくなって帰ってきます。応援よろしくお願します!』

滝は平墳と同じく2018シーズンの昇格組。1年目はルヴァンカップの出場に留まったものの、2シーズン目の昨年は開幕から不調のチームの中で途中出場でゴールを挙げるなど気を吐き、一気にスターダムへ…伸し上がろうかというタイミングで負傷。

U-20日本代表として出場予定だったU-20ワールドカップを辞退。その傷も癒えた秋にはまた練習試合で負傷離脱するなど、開幕直後以降は怪我に泣かされたシーズンでした。

今シーズンは復活をかけて望んだものの、チームコンセプトにはまらないためか滝もYBCルヴァンカップに2試合出場したのにとどまっています。

 

今シーズン、ルーキーのMF鈴木唯人FW川本梨誉がトップチームで出場を続けている一方、出番が得られない若手選手の他チームへの期限付き移籍が相次いでいます。

今月に入って既にDFノリエガ・エリックFW栗原イブラヒムジュニアがそれぞれJ2町田J3沼津へと期限付き移籍していますが、既に2人とも途中交代ながらピッチに立っています。

平墳、滝ともアンダー世代の代表経験がある将来有望視されている選手。この期限付き移籍でひと回りふた回り成長して戻ってきてもらいたいものです。

期限付き移籍といえば、昨年途中からギラヴァンツ北九州に期限付き移籍して、チームも本人も絶好調のFW髙橋大悟がいます。今シーズン期限付き移籍した4人も、大悟のようにチームに欠かせないような選手になることを期待します。

-選手, 移籍
-,

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ