選手

2017シーズン"残留ゴール"を記録したMF増田誓志が現役引退を発表「何一つ悔い無く出し切って終われる事が出来た」

2017シーズン途中から清水に所属し、今シーズンは韓国2部・ソウルイーランドFCに期限付き移籍していたMF増田誓志が今シーズンでの引退を発表しました。

増田 誓志選手 現役引退のお知らせ(清水公式)
https://www.s-pulse.co.jp/news/detail/44084/

誓志は清水がJ1に復帰した2017シーズンの夏にUAEのアル・シャルジャから完全移籍。

当時の小林伸二監督とはモンテディオ山形時代に師弟関係だったことからチームにもすんなり溶け込み…ということを期待していましたが、加入ほどなく肉離れを起こした影響響もあり加入直後に数試合出場したあとは出場機会がありませんでした。

 

それでも他にも怪我人が続出しチーム事情が苦しく、残留争いに巻き込まれていたシーズン終盤には戦列に復帰。

J2降格がチラついていた崖っぷちの最終節、アウェイ・ヴィッセル神戸戦に先発すると、FW北川航也が直接フリーキックで1-1と同点にしていた後、26分に移籍後初ゴールを決め逆転。

チームは終盤にFW鄭大世がダメ押しゴールを決めて3-1で勝利をおさめ残留を確定しましたが、残留を決定する決勝点を決めたのは誓志でした。

 

活躍が期待された2018シーズンはヤン・ヨンソン監督の元、チームは躍進したものの、誓志にリーグ戦での出番はなく、2019シーズンはソウルイーランドFCに期限付き移籍することに。

移籍時のコメントで(全然そんなことないですけれども)「伝統ある清水エスパルスに相応しい選手ではない」と衝撃のコメントを残しており、その時から清水に戻ることはないのかと思っていましたが、今回現役引退の発表となりました。

 

クレバーなポジショニングとフィジカルの強さ、正確なパスで中盤を支えるセントラルミッドフィールダー。

正直、昨シーズンはもっと試合で見たかったですし、本人も悔いがあったのではないかと思いますが、それから1シーズン経っての引退コメントには「何一つ悔いはない」とありますので、今シーズンで本当に出し切ったのでしょう。

 

今後どのような道に進むのかわかりませんが、サッカー界に残るのであれば何となく優秀な監督・コーチになるような気がします。今後の活躍にも期待したいと思います。ありがとう誓志!

-選手
-

にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ